Skip to content

第538話 デザインタウン池袋(2020.2.1)

 新宿はいつまで経っても東西南北の移動がしにくいし、渋谷は大規模再開発が続く間は訳が分からないし...いわゆる副都心の中で、池袋はいい意味で安定的。余計な開発がなされていない分、概ね歩きやすいという点でも、街の要素を楽しめるという点でも今は優位にあると思う。

 ふと思い立って平日に出かけてみたら、そこかしこで目を惹くものがあり、驚くとともに感心することに。総じて「街のデザイン美」のようなものが感じられ、心地よく過ごすことができた。

 今回は、それらの中から一見の価値ありと思うものをご紹介する。

IKEBUS

 昨年11月27日に運行を始めた周遊型のバス「IKEBUS」。走っているのは知っていたが、実際にお目にかかったのはこの日が初めてで、そのデザイン性の良さに唸ることになる。鉄道車両ではおなじみの人気デザイナー、水戸岡さんが手がけたというだけあって、実に秀逸。次は1日乗車券を買って、存分に乗ってみようと思う。(関連情報 → 豊島区運行会社池袋エリアコミュニケーション

バスはバスだが、遊覧バスのような雰囲気の「IKEBUS」。電気自動車のためか、走りも静かだった。
赤が主流だが、黄色のバスも。屋根に乗っているフクロウマスコット(イケちゃん)も黄色。
バス停の方もこの通り。統一感のあるデザインで好印象。
「イケちゃん」は思いがけないところに置いてあるのが特徴。探す楽しみ=エリアコミュニケーションの一環ということのようだ。
(参考)IKEBUS運行ルート

建築美

 たまたまかも知れないが、建築デザイン面で目に留まるものを移動する先々で見つけた。ここに挙げた分は、IKEBUSが通るルート沿いにあることがあとでわかり、さらなる驚きも。デザイン重視の新スポットや新装スポットが要所要所にできたということだろうか。バスそのものの美しさに加え、バスから眺める都市的景観の美しさも楽しめるようになっているとしたら見上げたものだと思う。

豊島区役所新庁舎。外からは何度か見ていたが、館内に入ったのは初めて。吹抜の空間美を感じた。
豊島区役所近くにある「ホテルリソル」。レインボーカラーのエクステリアは隣のビルのものだが、ホテルの外観と調和している。
芸術文化劇場(左)、としま区民センター(右)。最左がタワー。豊島区役所跡地については、第470話の後段の通り。

 豊島区役所、豊島公会堂、豊島区民センターなどがあった場所が一新され、跡地に整備されたのが「Hareza池袋」。池袋の「劇場都市」構想の目玉とも言える建物群で、芸術文化劇場、としま区民センターなどの一部施設がオープン済み。区役所跡地に相当する場所に建つ「ハレザタワー」は、今年7月にオープンするそうな。街の景観と文化の両面でのデザインアップ、その意気が感じられる。

「劇場都市 池袋」・・・このまちの主役はキミ! としま区民センター右隣の建物では、外面を巧みに使ったビジュアルが掲げられていて目を惹く。センスの良さを感じる。

環形

 キュープラザ池袋の5階まで行ってみたところ、このような環形の吹抜空間に遭遇。映画館のロビーでこれだけ空間的な広がりを持たせたところはそうそうないと思われる。

「グランドシネマサンシャイン」のロビー
キュープラザ池袋。IKEBUSの停留所はないが、ルート沿いにある。ちょっとしたランドマークの観がある。

 池袋西口公園にも巨大なループができていて、この日初めて目にした。こちらは「劇場公園」構想のシンボルとも言えるもので、見た目以上に大がかり。「GLOBAL RING」の名称に負けないインパクトはあると思う。西口公園のイメージ、筆者的にはこれで随分と変わった。(参考→池袋西口公園野外劇場

西口の新しい目印「GLOBAL RING」
リングなのでどこから見ても環形。輪の中心部に立つと、ちょっとした仕掛けが楽しめる。

メトロポリタンプラザ界隈

 西口はもともと回遊性があり、以前はメトロポリタンプラザを起点、または終点にしてよく動き回っていた。そのメトロポリタンプラザの隣には、コンパクトでちょっとオシャレな「Esola池袋」があり、メトロポリタンプラザ(商業施設部分はルミネ)そのものも昔からハイセンス。歩いていて快適なエリアが、西口の南側にはある。(以下の写真は2月1日撮影)

「エソラ池袋」。西口地下「エチカ池袋」の地上版という位置づけ。
ここだけ見ると池袋という印象は薄め? 海外のオシャレな街角という雰囲気が漂う。

 池袋は、規模としてはほどほどな感じで、特にデザイン面での進化が続く。その様子を見がてら、街そのものを楽しむべくちょくちょく足を運ぼうと思う。

池袋駅の東西自由通路「WE ROAD」もリニューアル。明るい感じになり、歩きやすくなった。(→参考

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です